管理人の自己紹介

お金の意識が初めて高まったとき

高校を卒業して短大に入りました。 それまではアルバイトが禁止の高校だったので、親から5千円ぐらいのお小遣いを毎月もらっていたと記憶しています。 短大に入り、初めてアルバイトをしたのです。 当時の時給、550円〜600円ぐらいだったと思います。 近所のスーパーでのレジ打ちでした。 仕事に慣れるまで大変で、打ち間違いしては怒られたり、色んなお客様はいるし、立ちっぱなしだしで本当に大変でした。 シフト制で夕方から週に3〜4日入っていたと思います。 初めて頂いた、お給料5万ぐらいだったと思うのですが、本当に嬉しかったです。 1時間600円を頂くのに、どれだけ大変かと身にしみてわかりました。 それ以来、お金を使うのに計画をもって使うようになりました。

キャッシングATMとネット融資

買い物の帰りにキャッシングATMの寄った友人。今月の給料がでるまでの食費だそうです。その横から興味津々で見学をしていましたが、とても便利なものだなと感心しました。そこで以前から欲しかった天然石のブレスレットを思い出し、キャッシングで借り入れて購入することにしました。キャッシングATMは遠かったので、自宅のパソコンから融資を受けることに。申込みと審査はどちらも簡単な操作で済んでしまい、あっという間に口座に振り込まれました。これで長いあいだ欲しかったブレスレットを買うことができました。あとは分割でゆっくり返済するだけ、とっても簡単なので今までの価値観が少々変わりそうです。無理の無い金額でコツコツ返済できようになっているので安心です。今はまだ返済中ですが、この返済が終わったら新しいネックレスを購入することにしました。きちんと返せば問題はないのでなんの心配もありません。返済が終わればまた買い物ができるので、今から楽しみです。

初めてのキャッシング

初めてキャッシングを利用したのは確か大学3年生の時でした。当時は都内の某私立大学に通っていて、自分で言うのもなんですが、かなり頭の良い部類だったと思います。頭の良い私立大学とくれば当然周りはお坊ちゃんお嬢ちゃんだらけでした。家柄の良い、仕送りが10万円オーバーは当たり前で、みんなオートロック付のマンションに住んでいて、中にはタワーマンションを借りてもらっていたつわものもいました(ベンツで通学なんていう奴も)。大学に入ってまず行動したのがサークルに入ることでした。大学に入ってサークルに入らないと、友達も全然出来ないし、はっきりって青春の無駄遣いになります。そんなこんなで、友達も増えてサークルのイベントも順調に消化していくのですが、ここで問題が。

滅茶苦茶金がかかります。私立のお坊ちゃんとまともに付き合うと本当にお金が足りなくなって、このときからキャッシングを意識し始めます。決め手になったのがサークルの夏合宿の7万円です。え、7万と思うかもしれませんけど、当時の僕には絶対に出せませんでした。そこで、手を出したのが某キャッシングサービスの学生ローンです。厳密には、学生でも申し込みが出来る銀行系のカードローンだったんですが、それで10万円の借入を行いました。で、もちろん、7万円はすぐにバイトをして返したのですが、それから困ったことがあるとカードを使って現金を引き出してしまう生活が始まりました。結局、大学を卒業するまでローンカードを手放すことは出来ずに、ずるずると借金を返し続けていました。

それが私、管理人の初めての借入です。後悔しているかどうかと聞かれると、私は後悔はしていません。なぜなら、やはり当時はそのお金が絶対必要だったし、それによって何より代えがたい20代の青春の一ページに甘酸っぱい思い出を加えることが出来たのですから。

紹介ホームページ

交通事故に遭った!高次脳機能障害などの慰謝料請求はこちら 交通事故に遭ってしまったことがある人は相手方との交渉や保険会社とのやり取りを非常に面倒に、また恐ろしく感じたのではないでしょうか?一度示談に応じてしまうと、後々何かしら体に悪影響が出たとしてもその補償を受けるのは非常に難しいです。まずは、専門家のしっかりとしたアドバスを聞いて、間違いのない交渉をしていくようにしましょう。